昆虫MANIAC 特別展

2024年7月13日(土)から10月14日(月・祝)

イントロダクション

昆虫は、地球上で報告されている生物種の半数以上となる約100万種を占める最大の生物群です。
ほとんどは体長1cmにも満たない小さな生物ですが、体のつくりから行動、能力にいたるまで、その多様性は驚くほど高く、変化に富んでいます。
世界にはまだ見ぬ昆虫が無数に存在しており、身近な環境にすら将来の新種や新発見が眠っています。
本展では、国立科学博物館の研究者による、マニアックな視点と研究者セレクトのマニアックな昆虫標本、最新の昆虫研究を織り交ぜ、カブトムシやクワガタムシといったおなじみの昆虫はもちろん、クモやムカデなどを含む「ムシ* 」たちのまだ見ぬ驚きの多様性の世界に迫ります。

※本展では昆虫および昆虫をはじめとする陸生の節足動物をムシとして扱います。

監修者メッセージ

約100万種という多様な昆虫ですが、その大多数は一般的にはほとんど知られていないマニアックでマイナーとされるムシたちです。その中には、おなじみの昆虫には当てはまらない形態や生態をもったものたちも数多く存在します。そんな例外的に見える昆虫も、昆虫全体の圧倒的な多様性からすれば、ひとつの個性に過ぎないのかもしれません。この展示を通して、おなじみの昆虫の知られざる一面や、見たこともない不思議な昆虫にふれ、ひとまとめには説明できない多様性の面白さを体感いただくことで、ご来場の皆様とまだ見ぬムシたちをつなぐきっかけになれたらと願っています。
ようこそ!MANIACなムシの世界へ!

総合監修 井手竜也
(国立科学博物館 動物研究部 陸生無脊椎動物研究グループ研究員)

特別展「昆虫 MANIAC」の見どころ

研究者によるマニアックな視点と研究者セレクトのマニアックな昆虫標本、おなじみの昆虫もマニアックに深堀り!
大迫力!オオセンチコガネほか、2mを超えるマニアックなムシの巨大模型が5体も登場!
10cmを超える巨大なカブトムシから、1mmにも満たない微小なハチまで、見たことがないムシが大集合!
「見る」「触る」「嗅ぐ」「聞く」!マニアックにムシを体験?!
知ればムシとの向き合い方が変わるかも?!
人とムシの暮らし